N-BOX安全性能に迫る!

2015年と2016年上半期で軽自動車売上NO1を叩きだしたHondaのN-BOX、N-BOXの魅力は語りきれないほど数多くありますが、今回はその中でも乗車している人の命にもかかわる安全性能について掘り下げてみていきましょう!

売上NO1のN-BOXはサイズがコンパクトなのに中が広く、使い勝手が良いので色々なオーナーが乗られています。

その中には女性や初心者、少し運転が苦手な方、お年寄りと老若男女幅広く支持されています。当然支持層が多いということはあらゆる走行シーンを想定した安全性能の装備が求められている。

そんな期待に見事にこたえてくれたのがHondaのN-BOXなのです。

何がすごいのかを徹底解説します!

Honda N-BOXは死角を作らない最大限の工夫が

N-BOXには見づらい場所を映す、死角を作らない最大限の工夫が施されています。

その秘密は「ピタ駐ミラー」なのです!

「ピタ駐ミラー」の存在は私自身もN-BOXの取材で初めてお目にかかり、実際に運転席に座りその実力を体感してきました。

そもそも「ピタ駐ミラー」と言われてもイメージが全くわかないと思いますが、これは3つのミラー対しての工夫の総称です。

まず1つ目の工夫は「サイドビューサポートミラー」です。これは助手席側のフロントガラスの左枠についているミラーですが、助手席側の死角をサポートする為に角度の違う2つのミラーがついています。

これにより、縦列駐車時に助手席側を安心して寄せることができます。

また走行時の進路変更や左折時にも死角に隠れやすいバイクや歩行者をきっちり映し出してくれるのです。つづいて2つ目の「広角ドアミラー」軽自動車には似使わない大きなミラーが付いています。

これも左右の死角を減らすとともに広範囲で障害物や歩行者や走行している車を視認できます。

最後に「後方死角支援ミラー」です。

これは後ろのハイマウントランプの裏側についており、駐車や方向転換の後進時に運転席に座ったままリア付近の障害物の確認を容易にすることが可能です。この3つのミラーのサポートにより、より視認性を高めて巻き込み事故やうっかり接触を防ぐことができるのです。

VSAで横滑り防止

運転する人だけでなく、歩行者や他の走行車両まで含めて全ての人の安全を目指しているがN-BOXの安全性能です。

急ブレーキや急ハンドルで障害物や歩行者をよけることもありますよね、間一髪でよけれたとしても、その先の全く関係ない歩行者に車が突っ込むなんてこともあります。

そんな急制動の制御できない車の動きも「VSA」でしっかりサポートしてくれます。「VSA」とは車両挙動安定化制御システムのことで、ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)とTCS(トラクションコントロ-ルシステム)と横滑り防止制御を合わせた物で、障害物や歩行者を避けるのに急にハンドルを切った時などに4輪別々にブレ-キをかけてくれます。

さらにはパワーを制御して車体の姿勢の乱れを修正してくれます。

シティ-ブレーキアクティブシステムで前の車への衝突回避

シティーブレーキアクティブシステムは低速域衝突軽減ブレ-キと誤発進制御機能が合わさったシステムで、フロントガラスについているレーザーレーダーで前方の状況を監視しており、前方車両との衝突回避・軽減を自動ブレーキで支援するシステムです。

前方に車や障害物がある状況下でアクセルを踏み込んだ場合は急発進の防止を支援する機能も備えています。

このシステムにより視認性が衰えるお年寄りは障害物に気づくことが遅れがちです、またコンビニとかで多発しているアクセルとブレーキの踏み間違いによる突っ込み事故も防ぐことができますね、そんな時のお守りとしてVSAは本当に役立つ安全性能ですね。

*シティーブレーキアクティブシステムはメーカ-オプションです。

他にも様々な安全への工夫が

これらの安全性能以外にも多くの機能が備わっています。

まず、1つ目は「エマージェンシーストップシグナル」と言って、走行中に急ブレーキを踏んだ際にブレーキランプの点灯に加え、ハザードランプが自動に高速点灯して後続車に注意を促してくれます。

2つ目は、「ヒルスタートアシスト」急坂などの発進時や坂道の渋滞にはまってしまうと何かと気を遣いますよね?そんな時に発進時の後退を防止してくれるのがこの機能なのです。

3つ目は「衝突安全設計ボディ」です。これは衝突時の衝撃を制御するHonda独自の安全技術で「G-CON」と呼びます。

このG-CONは乗る人だけでなく、歩行者や衝突相手の車輛に与えるダメ-ジも軽減してくれるのです。HondaのN-BOXはこれらの安全性能を装備することで、予防安全性能評価において最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

事故とは日常のドライブに気の緩みや老齢が加わり、予想もしない事故に発展します。

これら紹介したN-BOXの安全性能は本当に素晴らしい機能です。しかし安全性能は全てのことに対応しているのでありませんので、付いているからと言って過信せずに常に安全運転を心掛けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です